お薦め

神前式

結婚式は、これから夫婦として一緒に生きていく二人が結婚の契りを交わす場です。
中でも挙式は、結婚の誓いをする大切な儀式です。

方法も様々で、大きく3つの方法に分かれます。
一つ目は教会式、二つ目は神前式、三つ目は人前式です。
6割近くの人が教会式を選んでいます。

しかし近年では、神前式を選ぶカップルが増えてきています。
特にテレビで、芸能人が有名な神社で神前式を行っている場面をよくみかけます。

数年前には、沢尻エリカがの白無垢姿は、
白い大輪の花をつけその美しさが話題になりました。
また普段和服のイメージが全くない、
オセロの松島が神前式で見せた白無垢姿は、全く別人のようにきれいでした。

由緒正しい神社で、日本古来のスタイルで、
神様に結婚を誓う神前式は最も格式が高く行われます。
儀式に対して深く重んじる人や、格式高い挙式にしたい人には神前式がお薦めです。
日本らしさが一番感じられ、今では外国人の人が神前式をあげたいと希望するほどです。

神前式とイメージすると、作法などが難しいのではと思ってしまいます。
でも普段あまりお参りなどで訪れたことがない人でも、安心して神前式をあげられます。
事前の打ち合わせと当日のリハーサルもしっかりサポートしてもらえます。

一生に一度の花嫁を何より、ご両親が一番楽しみにされています。
新婦の白無垢姿は、お嫁に出したと一番実感する瞬間です。
新郎の紋付きはかま姿は、一人の男性としてたくましく育ったと改めて感じることができます。
そんな姿を見せてあげるのも親孝行の一つではないでしょうか。

神前式でも昔から伝統ある神社で、
石畳に真っ赤な毛氈の上を、ゆっくり歩くのは憧れるシチュエーションです。
それ以外にも、ホテルウェディングや専門式場でも神前式も可能です。

中には、施設内に神楽や能舞台などを作られている施設もあります。
建物の内部とは思えない施設で、雨でも気にすることなく本格的な神前式を行うことができます。
神前式では、親族の絆も杯を交わすことで強くなったと実感できます。

夫婦だけでなく、参列者全員が改めて結婚の厳粛な雰囲気を感じられます。
また結婚後は、結婚記念日や初もうでなどで思い出の地に来ることができます。
子供が生まれたたお宮参りなど、これからの人生の節目節目に結婚式を思い浮かぶことができます。