お薦め

少人数ウェディング

結婚式は、新郎新婦にとって新たな生活の第一歩です。
そんな大事な日を大切な人に、お祝いしてほしいという気持ちで結婚披露宴を行います。

一昔前は、結婚式は豪勢に大人数を招待して行われることが多かったです。
それは、家と家のむすびつきという概念が強く、親戚全員、隣家、両親の招待客なども含まれていました。
なので結婚式も両家の親が主となって決められることが多かったです。

しかし今の結婚式は、新郎新婦がすべてにおいて主役となって行います。
式場や招待客、お料理や引き出物などすべて自分たちで決めている人がほとんどです。
なので自然と、自分たちが本当に心から祝ってもらいたいと思う人だけを招待する披露宴へと変わっていきました。

特に増えてきているのは、少人数のウェディングです。
身近な親族と本当に親しい友人や、お世話になっているだけで行うカップルが増えています。
なぜなら、結婚式を挙げるカップルの多くは、披露宴を参列者と一緒に楽しい時間にしたいからです。
招待客全員とコミュケーションをとる時間も作れます。

結婚式という特別な日ですが、堅苦しい感じは苦手という人にお勧めです。
新郎新婦にとっても、当日は招待客一人一人に対して丁寧なおもてなしができます。
そして当日を迎えるまでの間、招待客一人一人に対して、
手書きのお礼の手紙や手作りの記念の品を準備することもできます。
さらに引き出物も個別に揃えたり、お料理もグレードアップさせるなどよりいいおもてなしをすることができます。
新郎新婦にとっても、結婚式当日は気を使うことなく楽しい時間を過ごすことができます。

そして一人一人にお祝いの言葉をかけてもらうこともできます。
招待客と新郎新婦の距離が一番近く感じられ、一緒になって結婚式を楽しむことができます。

今では式場においても少人数の披露宴に対応しているところも多いです。
披露宴会場がさみしくならないように、少人数用の披露宴会場を用意しているところが多いです。
また新郎新婦の細かい要望にも、人数がすくない分スタッフの対応が可能になります。
少人数でアットホームな披露宴で、思い出深い一日にしましょう。
少人数だからこそ出来る結婚披露宴のサプライズの記事も注目してみてください。

また、招待された方の結婚披露宴の服装マナーがこちらにかいてあります。
きちんとマナーを守った服装で参加しましょう。