お薦め

開放感たっぷりガーデンウェディング

結婚式は一生に一度の二人にとってはとても大切な日です。
だからこそ、思い出に残る結婚式にしたい、
自分たちが望む結婚式をしたいと強く希望する人が増えてきています。

そんないろんな思いが増える中、結婚式のプランも様々な選択肢が増えました。
一時期は、結婚式と言ったらホテルウェディングがほとんどでした。

しかし、少人数でアットホームな結婚式にしたいと、レストランウェディングを希望する人もいます。
また自分たちだけのために、一日一組カップルしか行われない結婚式場もあります。
また結婚式しか行われない、専門式場ウェディングなど形式も様々です。
最近人気の結婚式プランはhttp://www.tacpnewsroom.com/に載っていますのでご覧ください。

そんな中あこがれのウェディングの一つに、ガーデンウェディングがあります。
何といっても会場などの建物ではない、解放的な雰囲気で行われる結婚式が魅力です。
出席者にとっても、堅苦しい感じはなく、気を楽にして参列することができます。

何より新郎新婦がとても身近に感じられ、
一緒になってふれあえる時間がとても多くとることができます。
またガーデンウェディングならではの演出も、魅力の一つです。

緑に囲まれたお庭に、真っ赤なウェディングロードをゆっくりと歩く姿もとても絵になります。
庭のような広い所で、きれいな花々にたくさん囲まれ、
フラワーシャワーで祝福されたらとてもいい思い出になります。

またブーケトスも思いっきり投げることもできます。
大きなバルーンの演出や、
シャボン玉の演出など大きさなどに配慮がいらないので、いろんな演出が可能です。

憧れる半面一番の難点は、天候のみです。
当日の天候だけは、どうしようもできません。
まずは、寒い時期と暑い時期は、参列者にも負担がかかってしまいます。

なので必ず避けておくのが、招待する側のマナーの一つでもあります。
またガーデンウェディングには、
すべてを外で行うパターンと一部をガーデンウェディングにする場合とがあります。

すべてをガーデンウェディングにするのであれば、
雨でやりたいことができない可能性もあるということを覚悟しておきましょう。
もし、のちに後悔してしまうのであれば、一部をガーデンウェディングにするのがお勧めです。
そうすることで、結婚式すべてに後悔することはなくなります。

例えば、挙式やデザートビュッフェの時間だけは、
ガーデンウェディングにするなどが負担も軽く、雨にも対応しやすいです。
挙式の場合は、当日雨でも前撮りを天気のいい日に写真だけでも残っていたら、
納得できる部分もあるかと思います。

また雨だった場合どのような対応になるのか、
途中で雨が降ったらどうするのかなどしっかり打ち合わせをしておきましょう。

一生に一度の結婚式です。
どのような式にするのか、決めるのはお二人です。
後悔しない、いい思い出に残る結婚式を迎えたいですね。

こちらでは、様々な結婚披露宴の演出が紹介されています。
近年増えてきているパーティータイプの披露宴も紹介されていますので、是非参考にしてください。