お薦め

伝統ある和婚・和風ウェディング

結婚式は人生において大事な節目の日です。

日常生活とは違った、非日常的な空間がそこにはあります。
普段の生活は食生活も欧米化し、日本らしさというものが薄らぎつつあります。

そんな日常とはちがい、結婚式は伝統的な和装の結婚式や、
和装でのウェディングに憧れる人が増えてきています。
普段なかなかきることができない着物に袖をお通し、しなやかなたち振る舞いは和装ならではです。
またドレスの華やかさとは違い、和装ならではの豪華さ、きらびやかな雰囲気が魅力的です。

ここ数年芸能人が和装で結婚式を行う風景を目にする機会も多いです。
その姿を見ると、いつもテレビで見ていた人とは、また別人の雰囲気が和装には感じられます。
和装の結婚式も様々で、挙式から神前式で大名行列をして神殿に向かう姿はとても絵になります。

また厳かな雰囲気で行われる神前式は、結婚の重みを感じることができる神聖な場です。
また白無垢姿や内掛けでの花嫁姿は、何より親族がとても喜ばれます。
お嫁に出したという実感が一番もてるという意見が多く、親孝行の一つにもなります。

また披露宴会場でも、和の雰囲気は華やかさがあってとても人気です。
和柄の小物を使ってのテーブル演出や和をモチーフにした花の演出は、
和装の結婚式を一層盛り上げてくれます。

洋風な結婚式が圧倒的に多い中で、
和装の結婚披露宴は演出やコーディネート一つにとっても新鮮です。
ゲストも一日和の雰囲気に包まれ、非日常的な気分になります。

ゲストの中には、着物で参列する人もいるかと思います。
そんな人にとって、和服でも周りの人に気を使うことなく、浮くことがないので喜ばれます。
和装の結婚式は、その分とても格式高い結婚式にもなります。

普通の結婚式ならば、ただ普通に乾杯するだけですが、
和風であれば鏡割りをして升で乾杯するのも和装ならではの演出です。
入場一つにとっても、番傘を指して内掛けと紋付き袴で高砂まで歩いていきます。
普段の新郎新婦とは違った雰囲気を見ることができます。

結婚式だからこそ、日本人だからこそ似合う演出が和装のウェディングです。
いつもと違う自分を味わうのも、結婚式の醍醐味の一つです。

またホテルウェディングは結婚後また思い出の地として、訪れることができます。
結婚記念日には、毎年ホテルにレストランで食事するのも素敵な記念日の過ごし方です。

一緒に一度の結婚式を、最高のおもてなしで喜んでもらえる一日にしましょう。