お薦め

海が見えるシーサイドウェディング

結婚披露宴は、二人のこれからの生活をスタートさせる大事にな一日です。
結婚披露宴を行う意味は、人生のパートナーをみんなに披露し、二人で生きていくことを了承して貰う
ということではないでしょうかとこちらにかいてあります。

何カ月も前からこの日のために準備をし、
大事な人たちに見守られながら結婚式披露宴を行います。
結婚する二人にとって、思い出深い一日にしたいですよね。
そして招待するゲストにも、
こんな素敵な結婚式に参列できてよかったって思ってもらいたいですよね。

結婚披露宴の場所を決めるときに、いろんな決めたがあると思います。
思い出の場所、教会や披露宴会場の雰囲気、
式場のサービス、お料理の良さなどなど決め手はたくさんあります。
中でも、ロケーションだけは、そこの場所でしか味わうことができない重要なポイントです。

二人の思い出の場所であったり、ウェデング姿が際立つロケーションなどこだわりの一つです。
中で海が見えるシーサイドウェデングは、人気のロケーションの一つです。
披露宴会場のほとんどが建物の中が多く、
都心などでは、立地面積も狭いので少し圧迫された会場が多くなってしまいます。
しかし挙式会場や披露宴会場から海が見えるだけで、
大自然の中で結婚式を挙げている雰囲気が漂います。
特に海は、水平線が広がっているので、とても開放感あふれる披露宴になります。

参列されるゲストにもとても、印象深い一日になります。
シーサイドウェディングと言ったら、皆さんは海外を思い浮かべる方も多いかと思います。
ハワイやサイパン、グアムなどは、新婚旅行を兼ねて結婚披露宴をする人も多いです。

ただ準備などは移動してからやることも多く、参列者にも限りが出てしまいます。
シーサイドウェディングを行うなら国内がお勧めですね。
海に近い地域ではシーサイドウェディングをメインにしている披露宴会場もあります。
湘南や浦安など観光地として有名なところでの披露宴も人気です。

シーサイドウェディングならではの演出も魅力です。
例えば、海辺にバージンロードを作り、海辺の近くで波風を感じながら挙式を行うこともできます。
外での披露宴も多く、リムジンに乗って新郎新婦が入場してくるなどの演出も開放感ある海ならではです。
挙式や披露宴会場から海辺が見えるのが一番の特徴なので、それを生かす演出も素敵です。

入場するまでは、カーテンなどで外が隠されていて挙式の退場前、
披露宴の上座についたと同時にバックには海が見える。
そんな演出は、参列者も思わず感動の声が上がるロケーションです。

ロケーションだけは、後から演出などでかえれるものではありません。
なので一生思い出にのこる、素敵なシーサイドウェディングにしましょう。
こちらに一般的な結婚披露宴の流れが4種類紹介されています。
一般的な流れにアレンジを加え自分たちだけのオリジナルの結婚披露宴にして
一生に一度の素敵な日にしてください。